風に乗って空を泳ごう

世界にひとつの布小物を制作する嘘とミシン。日々感じたことや体験したことを気ままに綴ります。

PERFECT DAYS

f:id:usotomishin:20231231124314j:image

今年最後に観た映画がこれで良かった。

ヴィム・ヴェンダース監督の「PERFECT DAYS」。

この映画の主人公、平山さん(役所広司)の仕事は公共トイレの掃除をすること。

規則正しい生活をし、無駄のない動きと真摯な姿勢でトイレをぴかぴかに磨く平山さんを見ていると、なぜか懐かしの「元気が出るテレビ」に出演していたエンペラー吉田さんの名言「偉くなくとも正しく生きる」が浮かんできた。

まさにこの言葉を体現する平山さんの生き方。

休憩中はサンドウィッチを頬張りながら木々を見上げて満ち足りた表情をして過ごす。清々しい仕事っぷりに加え、リラックスしている時の姿はチャーミングで魅力的だった。

f:id:usotomishin:20231231125322j:image

《分かり合えるよい関係の姪っ子とのふれあいにも叔父のことを思い出して胸が熱くなった。》

 

植物、フィルムカメラ、木漏れ日。

カセットテープで聴く音楽。

仕事のあとの熱い銭湯と居酒屋で飲む一杯の酒。古本屋で一冊ずつ買っては寝る前にちびちび読む本。

好きな物や事に囲まれた平山さんの日常はささやかだけど上等だ。

そして他人に向ける視線が優しいのは

人生の光と影を知っていて、すべてを浄化してきたからなのだろう。

人間味溢れる平山さんを演じた役所広司さん。

どれだけ褒めちぎっても足りないくらい素敵な演技だった。

f:id:usotomishin:20231231125309j:image

《本好きの平山さん。口数は少ないが豊かな人間性と広がる宇宙を感じさせてくれる。好きなタイプだ…》

 

消えて欲しくない東京の下町の風景、人情。ヴェンダースが撮るそんな景色や詩的な台詞も切なくて美しかった。やっぱりヴェンダース好きだな。

 

ラストシーンで流れるLou Reed

「PERFECT DAY」他

カセットテープから流れてくるlo-fiな洋楽はどれも沁みるいい曲ばかり。

さっそく自分で曲を集めて勝手にサウンドトラック化しちゃった。

 

そして「わっあがた森魚さん!」「え?あの店主は柴田元幸さんだったの?」などところどころに個性豊かな

「あの人この人」がサプライズ的に登場するのにも驚かされたし

私にとって嬉しい贈りものだった。


f:id:usotomishin:20231231124322j:image

映画館のソファに沈み込むと本当にほっとする。

振り返ると今年もたくさん映画が観られて幸せだった。

 

来年一本目に観る映画は、もう決めてある!

each &every / day trip Tokyo

f:id:usotomishin:20231205221255j:image

ほぼ行くのを諦めていたところを「行っておいで」と夫に背中を押され、半年ぶりの東京日帰り旅へ。

関東はどんより曇り空だった。でも東京タワーが見えてくると気分が上がる。
f:id:usotomishin:20231205221112j:image

行きの飛行機は得意のLCC。成田空港から渋谷までのバスの中、小腹が空いた時のためにバッグに忍ばせておいた月寒あんぱんを出す。移動が多く、たくさん歩く旅ではスタミナ切れが一番良くないと思っている。

前回の京都旅行のときに母に「ほんとによく食べてるね」と言われたくらい、すぐにエネルギーチャージができるような食べ物を色々と持ち歩いているのだ。いつ災難に遭うかも分からないしね。

 

さてお昼だ。渋谷に着いて、本格的にお腹がすいたので46階建ての高層ビル「SHIBUYA SKY」に寄り、直感で串揚げのお店に入ってみた。大将が目の前で次々に揚げてくれる蓮根、えび、豚ヒレ。人の揚げてくれる串揚げってなんでこんなに美味しいのだろう。嬉しくて、猫舌なのにちょっと急いで食べてしまい、やけどをした。

バーキン片手にやってきた見るからにリッチな髪の長いお姉さんが隣に座り、一番高いコースを頼んだ。ぐいぐい旨そうに生ビールを飲んでいる。コの字のカウンターの隅にいるくたびれたおじさんは私と同じ一番安いコースでお茶を飲んでいる。

赤ちゃん連れのママ友チームやサラリーマンで混雑する平日のランチタイム。店全体に目配り気配りを利かせながらアルバイトの女の子に的確な指示を飛ばし、同時に揚げ物をする大将はそうとう出来る人だ。うむ、さすが渋谷の一等地で店舗を任されてるだけはあるな。

ひとり旅は人間観察も面白い。


f:id:usotomishin:20231205234512j:image

満腹で次に目指したのは、代官山。メインイベントのminä Perhonenの2024春夏コレクションの展示予約会へ。
f:id:usotomishin:20231205221936j:image

《each &every》が来シーズンのテーマで、モチーフはミナらしいお花や蝶、鳥、そして鉛筆などユニークなものまで。色は鮮やかなグリーンやミントシャーベットやパステルピンクなどもあって、すっかり心の中は春模様に。

試着させてもらった「flower crown」というテキスタイルのワンピース。お花のリングが刺繍で表現されていて、驚くほど豪華で美しかったが、ちょっと私には地味だったので(←ここ笑うところです)こちらは試着のみで終了。

今回はマロンのようなレンガのような素敵な茶色のリネン地に、蝶とお花とタンバリンが刺繍されたウフフな春のコートと、信じられないくらい極太のデニムを予約させてもらった。このデニムには「everyday」という洒落た名前がついてるのに「ボンタンデニム」と勝手に名付けたら、同世代のミナスタッフさんに「ボンタン!」とウケてもらえたので良かった。桜が咲く頃に届くこのかわいい洋服たちを着て、また元気にいろんな場所へ行きたい!よし、がんばるぞ!という気持ちで代官山をあとにする。
f:id:usotomishin:20231205221055j:image

代官山→中目黒。通っていたフランス語教室があった目黒川のほとりを歩いていると、赤ちゃんだった頃の息子が家で泣きながら夫と留守番をしていたことや、教室のあとに松浦弥太郎さんの古本屋さん「COW BOOKS」を覗くのが好きだったことを思い出したりなんかして、すごく懐かしい気持ちになった。
f:id:usotomishin:20231205221015j:image

帰りの飛行機まで少しだけ時間があったので、中目黒から便利な副都心線に乗って伊勢丹新宿店に久しぶりに寄ってみた。

札幌のデパートのクリスマスったらホントにしょぼいので、大都会のクリスマスのショーウィンドウを見るのはこの時期ならではの楽しみだ。

 

f:id:usotomishin:20231205222104j:image

Astier de Villatteがポップアップショップをやっていた。

なんと店先にどかーんとパリの川沿いにあるブキニストを模したものが。しかも、きっとパリでしか買えないような見たことがないデザインブックや写真集、ZINEの類まで。欲しいと思う本が次々見つかったけど、値段が…。嘘でしょ!と思うぐらい高かった。
f:id:usotomishin:20231205222109j:image

この奥には世界中から集めたのか?というくらいの量のクリスマスのガラスのオーナメントのコーナーが。大迫力。しかし一個5000円以上するんやで。クリスマスツリーに飾る分買ったら破産するわ。フライングタイガーので充分かも、と思いながら目の保養だけはできた。やっぱり伊勢丹はすごいな。
f:id:usotomishin:20231205221036j:image

今年も伊勢丹三越のクリスマスの包装紙、タグ、そしてデパート全体のキャンペーンデザインを、ミナの皆川明さんが担当されている。この紙が欲しかったので自分用の紙のお香をわざわざラッピングしてもらった。
f:id:usotomishin:20231205221104j:image

伊勢丹の一階、ギフトコーナーで出会ったムスクとラズベリーの香りがする紙のお香。韓国のOPTATUMというブランドのものだ。香りが好きなのはもちろん「パッケージデザインもクラシックでいいなぁ、こんなん見たことない!」とウキウキして購入したら、しばらくして札幌のステラプレイスの中にある雑貨屋さんでも買えることを知る…。

いや、伊勢丹のディスプレーはすごく素敵だったし、店員さんのアドバイスも超一流だったし!

「どこで買うか?どんな気分で買うか?」それが大事よね。

f:id:usotomishin:20231205221122j:image

地下の魅惑のフードコーナーで家族へのお土産のお菓子と、飛行機の中で食べる小腹減った対策のパンなどを買い込んで新宿南口まで歩き、羽田空港行きのリムジンバスに乗りこんだ。

さようなら。ネオン煌めく俺の街、新宿。

次に新宿に来る時はもっとゆっくりして、思い出横丁の「カブト」でぐるぐる巻きのうなぎ串でも食べたいなぁと思いながら。

絵本とわたし展 vol.8

 

f:id:usotomishin:20231202003740j:image

11月7日から札幌資料館で6日間に渡って開催された「絵本とわたし展vol.8」

落ち葉とともに街がグラデーションを伴って美しく輝く季節に、資料館で穏やかに過ごした日々をありがたく思い返しています。

f:id:usotomishin:20231202003809j:image

今年もこのクラシックな洋館にたくさんの方が足を運んでくださいました。

国籍も年齢も性別もさまざまな方々が、それぞれ絵本をめくりそして作品を眺め、何かしらの思いを抱かれているであろう光景は、ほんとうに平和そのものでした。

f:id:usotomishin:20231202004009j:image

今回私がテーマに選んだのは、エドワード・ゴーリー作「金箔のコウモリ」という絵本です。

春に東京でゴーリーの展覧会を見た時から、ゴーリーの絵本をテーマにしようと決めていました。

この絵本は、少女モードがバレエ修行ののち時代を象徴するバレリーナとなるまでを描いたバレエマニア・ゴーリーによる光と闇の物語です。

f:id:usotomishin:20231202004028j:image

こちらは、絵本からイメージを膨らませて創作したメイン作品の「金箔のコウモリクッション」です。

トッププリマになったモードの光の部分に焦点をあて、当たり役《金箔のコウモリ》の衣装を身につけた彼女が舞台で一番輝いていた瞬間をアップリケしました。ゴーリーの描くモノクロの線画に、もしも色がついたなら?と想像しながら作った一品です。
f:id:usotomishin:20231202004022j:image

2作目は「ポワントバッグ」バレリーナのpoint(ポワント=爪先立ち)を表現したバッグで、黒いレースが二重になったチュチュをめくると鍛え上げられた脚がのぞきます。仕掛け本のように楽しんで欲しいとの思いも込められています。

バッグのベースにしたのはウィリアム・モリスの「いちご泥棒」という生地。モリスの生地ははじめて使ってみましたが、バレエや舞台に流れるクラシック音楽のイメージとなんて合うんだろう!と思いました。

 

f:id:usotomishin:20231204152235j:image

そして3作目の「男爵ポーチ」

モードの才能を見出し、トッププリマに育て上げた、バレエ劇団のオーナー・ド・ザブルス男爵。若い彼女が横道に逸れそうになれば「意味があるのは芸術だけだ」と諭して面倒をみた男爵。そんな男爵の言葉「Only art meant anything  」もアップリケしてみました。

お金持ちでダンディで何よりもバレエを愛する、眼光鋭き男爵。そう見えるように頑張って作った思い入れの深い一品です。

クッションは非売品にしましたが、あとの2つは会場で販売させてもらいました。ほぼ一目惚れしてくださった方たちが購入してくださって、どちらも旅立ちました。

f:id:usotomishin:20231202004002j:image

展示方法にも工夫をこらしました。

その一生に「鳥」がついて回ったモードは、公演先に移動中の飛行機でバードアタックに遭い、亡くなってしまいます。

ですから今回は、彼女のお葬式のつもりで全体をディスプレーしました。黒が多い中に一点だけ華やかな赤を入れたくて、前半は赤いグロリオサ、後半はデンファレーの生花を飾りました。


f:id:usotomishin:20231204154452j:image

さらに!在廊日は自分もゴーリーの世界の住人になったつもりで、私にはレアなブラックコーデで参加しました。

頭に乗っけてるのは毒蜘蛛タランチュラのカチューシャ。「マダム・タランチュラ」としてみなさまをお迎えしました。いらっしゃったお客様たち、そして仲間の作家さんたちにも喜んでもらえて、みなさんたくさん写真を撮ってくれました。

f:id:usotomishin:20231204164303j:image

在廊2日目の装いは「金箔のコウモリ」の登場人物のファッションに合わせて《20's》をテーマにしました。ルルのシルクのワンピースに伝説の東京のカフェ 「吾妻橋パーラー」で500円で買った付け襟+sugriのお花ヘッドドレス。ぐるっと目の周りを黒くして。

化粧濃いめですがなにか。

f:id:usotomishin:20231202004315j:image

ここからは他の作家さんたちの作品をご紹介します。

絵本作家のかとうまふみさん。

ご自身の絵本「いれていれて」より。このふわふわの妖精人形シリーズ、とってもかわいいのです!
f:id:usotomishin:20231202004252j:image

陶芸家のこむろしずかさん。たくさんの器を、直筆で書かれた散文詩とともに。

今回こむろさんと初めていっぱいお話できて嬉しかったな。
f:id:usotomishin:20231202004246j:image

工芸家のバイタリティ溢れる千葉朋子さん。荒井良二「はっぴいさん」より、見れば見るほど芸術的なチョッキや、機能的でユーモラスなうさぎの形のポシェットなどが展示されました。

f:id:usotomishin:20231202004309j:image

紙もの、布もの、企業のDMデザインなども手掛けるINOさん。みんな大好き「わたしのワンピース」(にしまきかやこ作)から。

背景と同じワンピースを着たかわいいうさぎたちが、次々と旅立ちました。
f:id:usotomishin:20231202004234j:image

この「絵本とわたし展」の主催者で、今回同じ資料館で初の個展も開催された、あたたかくて優しいお人形やぬいぐるみを作ることで知られるでこっちーさん。

乾栄理子・文/西村敏雄・絵「バルバルさん」より。
f:id:usotomishin:20231202004215j:image

絵本作家のたちばなはるかさん。

長く愛されてきたルイス・キャロル不思議の国のアリスからイメージされたやわらかな絵が、うっとりするほど素敵でした。
f:id:usotomishin:20231202004303j:image

彫金作家のalmostjewelleryさんは金工作品の精巧なガロアムシを制作されました。

ガロアムシが枯葉やコケの中で擬態しているかのようで、すぐ分からないのが面白い。絵本は舘野鴻ガロアムシより。
f:id:usotomishin:20231202004225j:image

イラストレーター、絵本作家のマット和子さん。

ご自身の個展も開催されている中のダブル参加でしたが、チェコプラハで出会ったモグラの絵本とマットさんの手づくり絵本モグラのせいかつ」を。
f:id:usotomishin:20231202004240j:image

イラストレーター、絵本作家のすずきももさん。

手編みの赤い手袋がもうすぐ来るクリスマスを思わせるガーランドになって並んでいました。

絵本はフローレンス・スロボドモン文・ルイス・スロボドモン絵「てぶくろがいっぱい」
f:id:usotomishin:20231202004257j:image

イラストレーターのやましためぐむさん。

ひだまりのような優しい笑顔にいつも和ませてもらうのですが、作品もご本人と同じく太陽のように優しかったです。

「わたしとあそんで」マリー・ホールエッツ作より、今年は積み木と紙粘土のお人形でした。

f:id:usotomishin:20231202004718j:image

最後に《嘘とミシンの美女採集》のコーナー!

着物と帽子のコーディネートがすてきな陶芸家・こむろしずかさん。今回の展覧会で誕生した嘘とミシンの「勲章ブローチétoile」を帽子につけてくださっています。
f:id:usotomishin:20231202004714j:image

そしてこちらは絵本作家のたちばなはるかさん。

個展会場にて撮影させてもらいました。連日黒と白の装いでいらしてたのですが、どの日も個性的でどこかアンティーク風味な着こなし。真のおしゃれさんです。
f:id:usotomishin:20231202004710j:image

絵本とわたし展は再来年は10周年を迎えます。 

ちょうどその頃、北海道大学の構内に建築家の安藤忠雄さんが設計する「えほんの森」という絵本図書館が設立されると聞いています。

長く活動を続けてきた「絵本とわたし展」のメンバーで、その図書館で何か絵本にまつわるイベントができたらいいね!とみんなで夢を膨らませ、

「よし!それまでまた皆んなそれぞれ頑張ろうね!」とエールを交換し合って、絵本展は閉幕しました。

ご来場くださった方、メッセージをくださった方、そしてこれを読んでくださっている方へ大きな声で

『どうもありがとうございました!!』


f:id:usotomishin:20231202004704j:image

ここ資料館で10回目の「絵本とわたし展」を迎える時、ついでに個展を開催しちゃおうかな!と思っています。

f:id:usotomishin:20231202004659j:image

新作はもちろん、歴代の作品を並べてコーナーを作って、今日はクラシック、今日は昭和歌謡、今日はロック…日替わりでBGMを変えて。それに合わせたファッションで皆さんをお迎えして。

そんなまるでパーティーのような楽しい企画を盛り込んだ展覧会をできたらなぁと、構想を練ってはワクワクしています。

 

 

雪舟庭園にゆるキャラ発見・京都3日目

f:id:usotomishin:20231125153502j:image

京都最終日は気持ちの良い秋晴れの空の下、ホテルを少し早い時間に出発。乗ったタクシーの運転手さんはお話好きの感じの良い人で、これから向かう東福寺塔頭寺院の中でご自身が一番好きだという秘密のお寺を教えてくれた。ふとみると車内には「ワンピース」のキャラクターであるルフィーやローの小さなフィギュアが飾ってあったので「お好きなんですね?」と訊ねると、息子さんの影響でテレビアニメを見ているとのこと。とっておきのお寺を教えてくれたお礼に漫画の最新ワンピース情報をネタバレにならない程度に教えてあげた。


f:id:usotomishin:20231125153437j:image

臨済宗東福寺派 雪舟庭園・芬陀院」に到着。

水墨画で有名な雪舟がデザインした石庭を見に来たのだ。
f:id:usotomishin:20231125153519j:image

いきなり入り口近くにゆるキャラ発見!

出迎えてくれた女性のお話によると、90歳になられる前住職が描かれたものだそう。


f:id:usotomishin:20231125153530j:image
朝の光の中に鹿おどしの音が響き、心身清まるったらありゃしない。

f:id:usotomishin:20231125153451j:image

雪舟が作庭した鶴亀の庭。

鎌倉時代、幼かった雪舟は禅僧になるために修行に入るも大好きな絵ばかりを描いていて住職に叱られ、柱に縛り付けられ泣いていたという。ところが、落ちた涙を使って足で描いていた鼠の絵がものすごく上手なのを見た住職が「これは坊主をやらせてる場合ではない」と思い、大胆にも雪舟に作庭を依頼したという逸話が残っている。

中国に渡り、本格的に水墨画の勉強を始めたその後の雪舟の活躍ぶりを見ると、「住職、ナイス判断!」だし、ひとが好きなことで輝くには環境が本当に大事なんだと思わされるエピソードだ。

f:id:usotomishin:20231201130317j:image

ちなみにこの庭は二度に渡って火事に見舞われ荒廃していたものを、昭和に入ってから私の好きな作庭の匠・重森三玲氏が復元している。

匠が新たに作庭した東庭をのぞむ、茶室にて。


f:id:usotomishin:20231125153843j:image

丸い窓からこんにちは。楽しかったなぁ!

長く書き連ねた京都旅日記はこれにて終了。


f:id:usotomishin:20231125153508j:imagef:id:usotomishin:20231125153912j:image

行きの飛行機で坂本龍一さんの自伝が面白くて一気に読んでしまって、帰りに読むものがなく仕方なく空港で買った本。
f:id:usotomishin:20231125153431j:image

ここ数年の母との旅行で撮影した写真は、全部小さなアルバムに製本してもらっている。

自画自賛だがこれがなかなかのクオリティ。今回も参加者全員にプレゼントした。

ハイテンション住職とくいだおれの夜・京都2日目

f:id:usotomishin:20231119125335j:image
京都はモーニングの用意がある珈琲の名店が多いから、朝ごはんには困らない。

今回はホテル近くの「高木珈琲店で賑やかにモーニングを食べた。コーヒーから立ち昇る湯気、ほわほわのスクランブルエッグ。向かいには、孫の顔を見ながら元気にお皿を平らげる母がいて。

お腹が満たされ活力が湧いてくる中、雀のさえずりを聞きながら向かったのは、四条河原町の「ミナペルホネン京都店」。

f:id:usotomishin:20231119125029j:image

壽ビルディングというレトロビルのほとんどのフロアを大人服、子供服、インテリア雑貨など趣が異なるミナの各ショップが占拠していて、いまやここは京都の観光名所のひとつとなっている。しかしミナ独特の店内の軽やかでどこか凛とした空気感は変わらず、商品の周りに置かれた洋書や季節のお花などにスタッフの方たちの心配りを感じ、私の心を潤わせてくれた。

f:id:usotomishin:20231119125345j:image

聖地巡礼のあとは祇園まで歩いて「鍵善良房」で、各自名物くずきり、練り切り、お抹茶などをいただいた。ショーケースに並ぶ秋の和菓子の愛らしさに目を細めつつ、留守番の家族にお土産を購入した。

f:id:usotomishin:20231119125305j:image

母が長年贔屓にしているお香屋「尾張屋」にて、だいぶ年を召されたがご健在で何よりのご主人と再会。

きれいな京都弁を話すご主人につられて怪しいイントネーションになる母の様子も毎度同じだ。f:id:usotomishin:20231119125322j:image

クロネコヤマトの集配所なのだろうか。

祇園のお店は看板も小粋でシンプルだ。

f:id:usotomishin:20231125004646j:image

白川沿いをそぞろ歩きしていたら、屋根の上にサギを発見。突然現れたサギに私たちはもちろん、海外からの観光客も一斉にカメラを向けた。

ジブリアニメ「君たちはどう生きるか」のアオサギの声で(もちろん菅田将暉の)何か意地悪なことを喋り出すのではないかと思った。f:id:usotomishin:20231125005854j:image

祇園からタクシーで一気に紫野の大徳寺まで移動。

大徳寺は20以上の塔頭寺院で構成された巨大寺院だが、その中から今回訪れたのは「瑞峯院」だ。

f:id:usotomishin:20231125005916j:image

不思議な形に整えられた松の木に迎えられ、澄んだ空気に満ちた寺の中に入ると、仏間の奥から突然、緋色の法衣を着たダライ・ラマ似の住職が大声で叫びながら飛び出してきた。

「いやぁぁ〜ひゃぁぁ〜!えらいこっちゃ!」

私の顔を見て大興奮だ。

「???こ、こんにちは!」と戸惑いながらとりあえず挨拶すると、ハイテンション住職は私の後ろにいた母の肩をバンバン叩いてめちゃくちゃ楽しげに

「いやぁぁ〜こわいわぁ!」と笑いながら台風の目のように去っていった。

やたら嬉しそうな様子に悪い気はしなかったが、あれは一体なんだったのだろう。近くにいた外国人女性もびっくりしながら半笑いしていた。

後日友人にこのお寺での珍エピソードを話したら「もしかしてお父さんも一緒に来ていたのでは?」と言うではないか。
f:id:usotomishin:20231119125021j:image

住職には、女4人楽しげに旅しているところにあの世から父がついて来ていたのが見えていたということか。だとしたら面白いのだけど、真相は住職にしか分からない。

ところでここ瑞鳳院に来た目的は、「閑眠庭」と呼ばれる石庭を見ることだった。

フランシスコ・ザビエルから洗礼を受け、キリシタン大名として知られた大友宗麟公が室町時代に創建したのこのお寺。

「閑眠庭」には石が縦に4つ、横に3つ、十字架の形になるように配置されている。侘び寂びを感じる普通の石庭とどこか違うスタイリッシュさが感じられて、よいお庭だった。作庭師は私の好きな重森三玲氏。

f:id:usotomishin:20231119125329j:image

大徳寺ゾーンからほど近いところに玉の輿のご利益があるとされている「今宮神社」がある。

姪に「拝んでく?」と訊ねたら「うーん。自分で稼ぐから行かなくていいわ!」と頼もしい答えが返ってきた。
f:id:usotomishin:20231119125308j:image

今宮神社の参道で1000年ものあいだ商いを続けている「一文字屋和輔」。時代劇のセットのような店舗の軒先でお茶とあぶり餅をいただいた。
f:id:usotomishin:20231119125315j:image

たっぷりの甘い白味噌にくぐらせたあぶり餅の美味しいこと。1人前11本だが、お餅はとても小さいのであと30本くらいは食べたかったなぁ。
f:id:usotomishin:20231119125311j:image

お持ち帰り用の包みの、用の美にハッとさせられた。

〝紙包み好き〟にとっては堪らない、素晴らしい形だ。
f:id:usotomishin:20231119125325j:image

予約していたディナーのお店に行くまで少し時間があったので、佛光寺境内にある「D &DEPARTMENT KYOTO」に行ってみた。

〝長く続くよいデザインを使おう〟をコンセプトにしたD&D。中目黒店や札幌店も大好きだけれど、関西ならではの品揃えで活気に溢れる京都店は、スタッフのみなさんが最高におもてなし上手だった。あらゆる品物に対して興味津々で細かい質問をする私に、確かな知識に基づいたコメントを添えて愛情いっぱいにお薦めをしてくれたのだ。

よいものを納得して買い、長く使うことは、自分の暮らしを豊かにし尊重することにつながると思う。

f:id:usotomishin:20231119125032j:image

妹一家が大阪に住んでいた頃、まだ小さかった姪や、私の息子も連れて4人で一緒に何度か足を運んだ器と道具の店「木と根」にも寄った。

変わらない質実剛健な店内の様子に懐かしさで胸いっぱいになった。
f:id:usotomishin:20231119125332j:image

〜本日のお買いもの〜

⚪︎壽ビルディング内にある絵本屋「メリーゴーランド」でゴフスタインの絵本。

⚪︎「D&DEPARTMENT KYOTO」で和ろうそくと燭台。

⚪︎「木と根」でmiepumpのコーヒー豆と御菓子丸の琥珀糖・鉱物の実。

f:id:usotomishin:20231119222412j:image

ディナーは五条駅そば、住宅街にひっそりと佇むイタリア料理店「ハシヤとナカセ」で。

祇園の名店イルギオットーネで修行をしたシェフとソムリエのイケメンおふたりで営むお店で、予約がなかなか取れないのに席を確保できた。期待大で扉を開けるシスターM。

f:id:usotomishin:20231125131735j:image

突き出しからしてこのボリュームと内容。歓声を上げる女子4人。驚きの宴が幕を開けた。

f:id:usotomishin:20231125024417j:image

昨日の中華に続き、どの品もほんとうに素晴らしかった!気取らないメニューが揃うが、ガツンと一捻り効いている男らしいイタリアン。ちゃんと野菜もたっぷり使っていて、和の要素もあるからなんだか優しいのだ。

とくに唸った一品はこちらの「ラム肉のキーマペンネ」だった。

f:id:usotomishin:20231126000741j:image

お料理が抜群においしいと進むのがお酒だ。

生ビール(関西では珍しくサッポロなのが嬉しかった)、そして母に付き合って日本酒。シスターMとスロバキアナチュラルワイン。このワインはオレンジ色の泡が立ち、洋梨、パイナップル、ハチミツ、そしてなぜかヤクルトのような味わいもあって、個性的でとても美味しかった。

4人で11品ほどのアラカルト料理を楽しみ、お腹いっぱいになったと思いきや、ここから高島屋の地下まで歩き、それぞれが好きなケーキを選んだ。

そしてホテルの部屋でティーパーティーと称した二次会を開いたのであった。

 

🇮🇹《ハシヤとナカセ》🍴🍷

京都府京都市下京区東洞院通松原下ル大江町547-8

地下鉄「四条駅」から徒歩6分
阪急「烏丸駅」から徒歩9分

Tel.090-7452-7487

16:00~22:00(LO/21:00)

日曜休、他不定休有

全席禁煙 完全個室無 駐車場無

https://www.instagram.com/hashiyatonakase/

花街めぐり・京都1日目

f:id:usotomishin:20231026225709j:image

先日、京都へ久しぶりに行ってきた。今回は札幌から一緒に母と妹、大阪から姪が合流する女三世代の旅。

母ファーストだからスローペースで、行く場所を厳選し、移動はほぼタクシーを利用するという贅沢な二泊三日だった。

到着してホテルにチェックインしたあと、早めの夕飯は予約しておいた町中華のお店へ。

f:id:usotomishin:20231102152010j:image

町中華といってもそこは花街・上七軒に古くからあるお店だから、佇まいに艶っぽさがあった。夜の帳が下りるとお店の軒先に赤い団子ちょうちんが灯り道案内をしてくれる、京都ならではの風情漂う上七軒。舞妓や芸妓さんが立ち寄ることからひと口サイズの中華が生まれたという、京ならではの中華料理は、にんにくを使わず繊細で胃に優しい。

ここ数年は京都に来たら必ず一食は中華を選んでしまうほど京都の中華はおいしいと思う。


f:id:usotomishin:20231026225547j:image

春巻。これ食べるために飛行機に乗って来たといってもいいくらい、絶品だった。 

お肉が入っているのに「これは羽衣か?」というくらいふわわと軽く、一瞬で胃に消えた。これ以上細くきれないのでは?と思うほど針のように細いタケノコも入っている。一言でいうならこれは天使の食べものだ。
f:id:usotomishin:20231026225552j:image

そして酢豚も同じく天使御用達メニュー。潔く、豚とパインのみ。はちみつのように光るトロトロの餡は軽やかで品がある。こんな酢豚は食べたことがない。
f:id:usotomishin:20231026225557j:image

他にも、かしわの天ぷら、麻婆豆腐、えびの天ぷらマヨネーズ和え、やきめし、汁そばなどを次々注文したが、どれもこれも涙が出るくらいのおいしさだった。

食べものの写真を載せ続けるとグルメブログになってしまうので止めておくが、最後に杏仁豆腐を。大好きな六花亭の杏仁のように優しくミルキーで幸せな味だった。

「糸仙」さんはもとは糸問屋を営んでいたという。「もう、糸はせん!」ということでこの屋号にしたらしい。洒落た店名だと思ったらダジャレかい。帰り際「全部すごーくおいしかったです!ずっと春巻を食べたくて札幌から来たんです!!」と圧強めにおかみさんに感動を伝えると、私に負けないくらいの気迫と大きな声で「いやぁぁ〜そうなのぉ〜〜嬉っしわぁぁぁ〜またおこしやす〜〜」と弾ける笑顔で応えてくれた。再訪を心に誓う。
f:id:usotomishin:20231026225652j:image

まだまだ夜は始まったばかり。「糸仙」を出たところで風ちゃんに「祇園のバーに飲みに行く?」と誘うと「行きたい!」と即答。母には「疲れた?ホテルで休んでる?」と訊ねると、なぜかキリッとした顔で「私も飲みに行くわ」と意外な嬉しい返答が。さすが、一杯目から日本酒を冷やでいく女だ。

上七軒からタクシーで祇園へ。


f:id:usotomishin:20231026225542j:image
100年の歴史あるバー「サンボア」の扉を開けた。敷居は高くはないが、独特の重厚さがあるバーだ。ここではカクテルを飲みたかったので、大好きなグラスホッパーをオーダー。爽やかなミントリキュールと生クリームの相性が抜群で、ほのかにカカオの香りもする。ミントチョコ好きにはたまらないグラスホッパー。ビアジョッキで飲みたいくらいだ。
f:id:usotomishin:20231102150812j:image
カクテルを2杯飲んでバーを出ると、ちょうどすぐ近くの料亭のお座敷が引いたようで、色とりどりの着物をまとった華やかな舞妓さんたちがぞろぞろと出てきたところに遭遇した。祇園で初のバー体験、そして舞妓はん行脚。夢のような時間に風ちゃんも母もとても楽しそうだった。

f:id:usotomishin:20231102182242j:image

鴨川のほとりでヴァイオリンを弾いていたミュージシャンが、私の好きなパッヘルバルの「カノン」を演奏し出したので思わず足を止めて聴いた。

それからまだ酔客で賑わう河原町をみんなでお喋りしながら、のんびり五条のホテルまで歩いて帰った。

ピンクの心

f:id:usotomishin:20231014232504j:image 

10月は毎年心が軽やかで、楽しい出来事が向こうからやってきてくれる気がする。自分の誕生月だからだろう。

先日、またひとつ年を重ねた。今年の誕生日ケーキに買ってもらったのはマロンケーキ。

一応息子にも「何の味のケーキが食べたい?」と聞いたら「栗!」という答えが返ってきたので、私も大好きなマロンケーキにしたのだ。ん??なぜ誕生日でもない人にケーキの希望を聞いちゃったのかな。母親としての癖が抜けない。


f:id:usotomishin:20231014232520j:image

ディナーのお店は中華料理の「GURIS」をリクエストした。古いビルの上階にあり、静かで照明も暗めで、壁はグレー。パリのアンティークショップのようなとても落ち着く内装。誕生日だと言って予約してくれたからか、バーカウンターがある個室に通してもらった。季節の野菜をていねいに下ごしらえし、和食のようなほんのり薄味で整えた品々は、どれもとても滋味深くおいしかった。

それなのに「野菜ばっかりで肉はどこにあるんだ?」と不満げな息子。全然お腹が満たされなかったらしく、帰り道にローソンで「鶏南蛮弁当」を買わされる羽目に。

「GURIS」は、こんどは女子会で行こうっと。

f:id:usotomishin:20231014232526j:image

次の日は、人形と影絵の音楽の演劇ユニット《しろまるさん》の公演を観に、レストランPippinへ。
f:id:usotomishin:20231014232509j:image

絵描きの「ミコ」の人形を操る「まる」さん。《しろまるさん》はご夫婦でやられている劇団だが、「しろ」さんが脚本と音楽、木工、電気関係の舞台装置を作り、「まる」さんが衣装全般を制作、演出はおふたりでやられているそう。

純白やアイボリーの素材違いの白が重なる中、人形たちのブルーグリーンや赤が効いた、色彩の美しい舞台だった。お芝居からは、誰かと誰かが出会うべくして出会う奇跡やその時の喜びが伝わってきて、温かな気持ちになった。

f:id:usotomishin:20231014232515j:image

長いこと私のブログを読んでくれていた方が、最近はじめて連絡をくださって、手紙やメールで交流が始まった。なんだかすごく嬉しかった。文章を綴って世の中に公表するようになってもう12年以上の年月が経つ。昔から読んでくださっている人には、たとえお会いしたことがなくても、もう友だちのような同志のような気持ちを抱いている。そんな方はもちろんだが、最近ここにたどり着いた方も、みなさまこれからもどうぞよろしく。