風に乗って空を泳ごう

世界にひとつの布小物を制作する嘘とミシン。日々感じたことや体験したことを気ままに綴ります。

東京・大竹伸朗展 

2022.11.11(金)〜12(土)

 

f:id:usotomishin:20230122233738j:image

宇和島駅》1997年

金曜21:00便〜土曜21:00便の飛行機使用という短い滞在ではあったけれど、約1年ぶりに東京へ行ってきました。

目的はミナの2023春夏コレクションの予約展示会と、東京国立近代美術館で開催されている「大竹伸朗展」を見ること。用事はこのふたつだけという贅沢な旅です。


f:id:usotomishin:20230115101541j:image

竹橋の東京国立近代美術館で開催されている【大竹伸朗展】へ

 

絵画、版画、素描、彫刻、映像、絵本、音、エッセイ、インスタレーション、巨大な建造物に至るまで、大竹さんの作品は多岐に渡っています。

そのため1.2階の3フロアを使って約半世紀分、500点の作品を展示するというすごいスケールの展覧会でした。


f:id:usotomishin:20230115100631j:image

絵画、版画、素描。同じ人が作ったとは思えない、作風の違う平面作品が並ぶコーナー。

f:id:usotomishin:20230115100757j:image

私がとくに好きなのはスクラップ作品。

毎日作り続けてるだけあって、尋常じゃない量のスクラップに圧倒されました。

みうらじゅん氏のエロ・スクラップもすごいけどね。

f:id:usotomishin:20230115100814j:image

生のスクラップの迫力。

ポップでおしゃれなんだけど、執念というか凄みを感じました。

f:id:usotomishin:20230115100826j:image

ひとつひとつ隅から隅まで眺めてきたつもりだけど、見落としがありそう。

東京に住んでいるなら何度も見に来れたのにと思い、この場を離れるのが名残惜しかったです。

f:id:usotomishin:20230113175123j:image
f:id:usotomishin:20230113175131j:image
《モンシェリー:スクラップ小屋としての自画像》2012年

このスクラップ小屋が好きすぎて、何度も周囲をうろうろしながら眺めました。
f:id:usotomishin:20230113175210j:image

f:id:usotomishin:20230115100951j:image
f:id:usotomishin:20230115100939j:image
f:id:usotomishin:20230113175252j:image
遠くから見るだけでなく、近くまで寄ってガラスの窓に張り付き、中をじと〜っと観察。 
f:id:usotomishin:20230113175344j:image
スナックの店名をモチーフにした作品《ニューシャネル》1988年 を目の前にした時には、海外で名画(ゲルニカとか睡蓮とか)を見た時と同じくらいの感動がありました。

f:id:usotomishin:20230113175417j:image

ゴミの山のように見えてじつは緻密に組み合わさったスクラップのカケラたち。
f:id:usotomishin:20230113175444j:image
《ダブ平&ニューシャネル》1999年

音楽活動もしている大竹さん。このステージを使い「内橋和久 と ダブ平&ニューシャネル」名義で、今では伝説となっているライブをしたのだそう。
f:id:usotomishin:20230113175520j:image

ステージ上にあるオブジェはまるごと見どころだらけ。

 

「世界は破壊が続いているが、モノをつくりだすパワーを感じてもらえれば」

この言葉は、今回の展覧会に向けて大竹さんから発せられたメッセージです。おっしゃる通り、膨大な量の作品からパワーをもらいました。いや、パワーを全身に浴びたという感じ。

大竹さんの物を作り続ける持久力のすごさ。まさに「破壊より創造を」を体現しているアーティストだと感じました。

美術館では、個性的なファッションに身を包んださまざまな国籍の観客を見かけました。世界中に大竹伸朗ファンがいるのを実感。

 

そんな大竹さんの作品を数年前、香川県・直島で見たことがあります。直島には大竹さんがデコっためちゃくちゃカッコいい銭湯があって、ここを訪れた(実際に入浴した)時のことは今でも強烈に覚えています。

(旧ブログにその時のことを書いています。興味がある方は飛んでね)

I LOVE 湯 ☆直島日記 3☆ | 嘘とミシン

f:id:usotomishin:20230115101224j:image

11月だというのに春のような陽気が気持ち良かった美術館のテラスにて。

皇居周辺に漂う空気はなぜかいつも穏やかなのです。


f:id:usotomishin:20230115101231j:image

展覧会のあとは、お昼ごはんのお店に向かいながら表参道をぷらぷら。住んでいた頃に足繁く通ったジャマン・ピュエッシュのお店が、移転して規模が小さくなっていたことに時の流れを感じました。

(繊細なビーズ刺繍が施されたバッグは変わらず芸術的な美しさ)

H.P franceがヨーロッパから輸入している服飾雑貨は、数年前から価格が爆上がりしています。ジャマンも東京とはいえ売れ行きが厳しいということなのでしょう。

f:id:usotomishin:20230115101255j:image

お花屋さんの窓辺。ブーケをこの筒に入れてくれるのね。バッグのようにお花を持ち歩くのって素敵だなぁ。
f:id:usotomishin:20230115101240j:image

夕刻、予約時間に代官山・ミナペルホネン に到着。春夏の服を見せてもらい、気に入ったもの数点を試着しながら心躍る夢のような時間を過ごしました。

2023年春夏のテーマは『懐かしい場所』。

花や動物などミナらしいモチーフを凝った技法でシルクや麻、綿などの上質な天然素材にのせた、春の浮遊感を感じさせるコレクション でした。

とくに今回私は、ぽこぽこと起毛した丸の連鎖が格子柄を描くtähti(フィンランド語で星の意味)というテキスタイルに惹かれました。太陽の下で着ると発光するような不思議なテキスタイルなのです。

f:id:usotomishin:20230123001011j:image

空港へ向かう前、代官山の象徴ともいえるカフェ・ミケランジェロでお茶をしました。このカフェでは窓際の一番端っこの席に座って外を眺めるのが好き。今回は特等席が空いていてラッキーでした。

空気が乾燥していたのと、ミナで旧知の仲であるスタッフさんと喋りすぎて喉がカラカラ。

たっぷり飲めるポット入りの紅茶を飲みながら、立派な犬を散歩させている地元民を眺めつつ休憩しました。

クワイエットジャーニー

f:id:usotomishin:20230113140522j:image

2022.11.5(土)Zepp Sapporo

2020年のPerfumeの名古屋ドーム公演以来か、約2年ぶりに大きなライブに出かけてきた。

ドラマや映画の中ではなく、目の前に立つ姿を、歌う姿をずっと見たくて憧れ続けてきた人、菅田将暉

チケットは、その争奪戦に勝つために所属事務所の《トップコート》のファンクラブにも加入して、手に入れた。

音楽が好きっていうだけで、ライブに行っても別にすごく近い距離で見なくてもいいミュージシャンもたくさんいる。

でも、存在そのものがアートである菅田くんのことは、この目で確かめてみたかった。「本当にいるんだろうか」って思ってた。ステージで目の前に現れたとき「ほんとに存在してる!」って思って、涙が出そうになった。

ギターを持ち、歌い、話し、長い脚を組んでソファーにもたれかかって笑う彼。今まで数えきれないほどスクリーンやTVの画面で見てきた抜群に美しい鼻筋は実物も、やはり彫刻のように綺麗だった。歌う時の彼は、伸びやかな声ももちろん素晴らしいのだけど、表情も含め表現力が豊かで、さすが役者だなと感じた。

そして菅田くんといえばお洒落なことでも有名だ。今回は特別なステージ衣装ではなく、毎ステージごとに違う私服で登場すると聞いていた。

札幌1日目のファッション は、赤いラインの入った黒いジャージ上下にロングブーツ、真っ赤な髪、めがね。

くー、かっこよすぎでしょ。

夢のような2時間で、曲順などは実はあまりよく覚えていない。

ただ、弾き語りで「虹」を歌ったときは本当に映画のワンシーンのように美しかった。あの時の光景をそっと瞼の奥にしまって、きっと一生忘れないでおく!


f:id:usotomishin:20230113140529j:image

2022.11.6(日)北海きたえーる

菅田くんの次の日は、Perfumeのライブに。

ほんとうはもう少し日を空けて行きたかったのだけど。札幌にはこの土日、菅田将暉PerfumeSnowManが同時にやってくるという、お祭りのような週末だった。

Perfumeの3人は相変わらずとってもきれいでライブも楽しかった!声を出したかったが、まだ声出し禁止のお達しがあったので、一生懸命ダンスしながらファンを煽る3人に、ハートで応えるのみ。


f:id:usotomishin:20230113140526j:image

Perfumeライブの日のスタイル。

動きやすさ重視なので、息子のお下がりのBEAMSのブラックデニムに豹柄のファージャケット。

夏からずっと前髪を伸ばしているのだが、このヘアスタイルは大好きな「サンジ風で」と言ってオーダーしている。(美容師さんもワンピースファンなのですぐ通じてありがたい)

 

f:id:usotomishin:20230113143224j:image

ヴィンスモーク・サンジ♡

 

絵本とわたし展vol.7 ②

 

f:id:usotomishin:20221214001447j:image

 

「絵本とわたし展」今年わたしが選んだ一冊は、小林エリカ作・絵《わたしはしなないおんなのこ》でした。

 

作者は、アンネ・フランクの日記に書かれていた「わたしの望みは、死んでからもなお生きつづけること!」

という一文から着想を得てこの絵本を作ったそうです。

たとえひとが死んだとしても、歌や想いや言葉や大切だった持ち物がいつかどこかの誰かのもとで生き続ける…

それはとても素敵なことだとわたしも思います。

 

説明することが難しい哲学的な内容で、読む人それぞれに違う答えが見つかる絵本かもしれません。

 

f:id:usotomishin:20221213235452j:image
 だるそうなネコ


f:id:usotomishin:20221213235539j:image

十字架を背負ったユニコーン


f:id:usotomishin:20221214000101j:image

「♪わたしはしなないおんなのこ〜」と歌うねずみ


f:id:usotomishin:20221213235508j:image

サロペットくまさん

f:id:usotomishin:20221214004945j:image

おしゃれなウナギレディ

 

f:id:usotomishin:20221214001236j:image

そして絵本の主役、死なない女の子。

 

彼女らはぜんぶこの絵本の中に登場する生きものたちです。

小林エリカさんの原画を自分なりに解釈し「嘘ミ風味」をまぶしてあります。

 

f:id:usotomishin:20221214000313j:image

生きものたちの裏側にはブローチの金具がついていて、このように好きな場所に留めることができます。

このバッグも作品なのですが、元々スカートだったものをリメイクしました。

「everlasting girl's bag」と名付けたこのド派手なバッグには、わたしの中に永遠に生き続ける「女の子魂」を詰め込みました。

 

f:id:usotomishin:20221214010036j:image

展覧会にはたくさんの人が見にきてくださいました。私が当番をした時のみの印象ではありますが「わたしはしなないおんなのこ」に興味を示してくれる方がすごく多かったように思います。

誰もが知っている名作絵本とはちょっと違う一風変わった絵本ですが、「大好きな絵本なの」と言ってくれた方がふたりいました!

その人たちには思わず「心の友よ〜」と言いたくなりました。

 

f:id:usotomishin:20221214010123j:image

展示作品と一緒に、通常の販売作品も頑張って作って並べました。

いらした方が楽しそうに嘘ミグッズを選んでいるのに居合わせたときは「作って良かった…」と目や肩の疲れがふっ飛ぶようでした。

 

f:id:usotomishin:20221214004629j:image

お忙しいところ時間を割いて見に来てくださった皆さまに、心よりお礼を申し上げます。

ひとときの安らぎや新しい気づきが得られる展覧会であったなら、幸いです。

 

f:id:usotomishin:20221214010317j:image

来年もまた、紅葉の美しい11月に。ここ札幌市資料館で「絵本とわたし展vol.8」を開くことが決まっています。

次回は一体自分がどんな絵本を選ぶのか、そして何を感じて何を作るのか、まださっぱりわかりません。

だから、来年の自分が楽しみでもあります。

 

絵本とわたし展 vol.7 ①

f:id:usotomishin:20221213221648j:image

11/6から11まで6日間にわたって開催された「絵本とわたし展vol.7」。

今年は札幌の歴史的建造物である札幌市資料館で開催されました。

f:id:usotomishin:20221213221804j:image

ああ、なんて美しい眺めでしょう。

「憧れの資料館で展覧会ができるなんて」とギャラリー当番の日はウキウキでした!

 

f:id:usotomishin:20221213213210j:image

入り口からしてこの重厚さ。現在放送中のテレビ「名建築で昼食を」の札幌編があるとしたら、ここ札幌資料館は間違いなく選ばれるでしょう。


f:id:usotomishin:20221213213213j:image

この螺旋階段を上がった2階に会場となった《ギャラリー6》があります。


f:id:usotomishin:20221213213223j:imagef:id:usotomishin:20221213213217j:image


f:id:usotomishin:20221213213437j:image

天井が高く、大きな窓からは大通公園が見渡せます。

古巣のギャラリー、円山「もみの木so」の雰囲気も大好きでしたが、クラシックで落ち着いたこの空間に絵本と作品が並ぶ様子はとても素敵でした。

参加作家の選んだ絵本のタイトルと作品の紹介をしますね。


f:id:usotomishin:20221213213440j:image

かとうまふみさん「ゴールディーのおにんぎょう」

f:id:usotomishin:20221213221833j:image

でこっちーさん「ハニービスケットの作り方」


f:id:usotomishin:20221213213233j:image

たちばなはるかさん「ピューンの花」


f:id:usotomishin:20221213213229j:image

almost jewelryさん「せいめいのれきし」


f:id:usotomishin:20221213213239j:image

INOさん「ゆくえふめいのミルクやさん」

 

f:id:usotomishin:20221213220634j:image

COCOーLAさん「あんなにあんなに」


f:id:usotomishin:20221213213243j:image

千葉朋子さん「へびのこども」


f:id:usotomishin:20221213213246j:image

こむろしずかさん「しずくのもり」


f:id:usotomishin:20221213213250j:image

すずきももさん「イオマンテ」「ヒグマの旅」


f:id:usotomishin:20221213213253j:image

山下めぐむさん「つみきのいえ


f:id:usotomishin:20221213213257j:image
マット和子さん「3びきのくまさん」

 

一緒に参加した作家さんたちは皆さんそれぞれ国内外で大活躍されている方ばかり。

専門的な勉強を今もなお続けられている方や、プロとして長く活動されている大先輩と肩を並べて作品を展示できること、実はすごく贅沢なことなんだと思いました。

 

「絵本」が大好きということで繋がっている仲間でこのような場が作れたこと、本当に幸せな6日間でした。

LAMB/ラム

f:id:usotomishin:20221023201332j:image

大変、終わっちゃう〜と土曜の夜、急いで見に行ったヴァルディマル・ヨハンソン監督・A24配給映画「LAMB/ラム」。札幌でも上映してくれるところがあって良かった。

f:id:usotomishin:20221023201342j:image

アイスランドの山間で羊飼いをしている夫婦・イングヴァルとマリア。クリスマスの夜に産気づいた羊から「顔は羊で身体が人間」という異形なものが生まれ、二人はその存在を“アダ”と名付けて育てることにする。
子供を亡くしていた二人にとって、アダとの生活はこの上ない幸せに満ちていたが、やがて夫婦は破滅への道をたどることになる。。》

とあらすじはこんな感じ。

 

盛り上げ方(見せ方)のうまい映画だった。肝心なところははっきりと見せずに焦らし、ましてやセリフで説明するのではなく、物言わぬ動物たちの表情や興奮して騒ぐ様子から、いろいろと想像させるのだから。

大自然の中の一軒家。他に人が住んでいないからか、この夫婦が暮らす家はカーテンは開けっぱなしだし、ドアも半開き。閉めなさいよ…とずっと不安だった。白夜なのも時間感覚を狂わせるし。

と思ってたら、ほれ見なさい。ある日家の外から1匹の羊が恨めしそうに家族3人を見ていたんだから!母羊から子どもをとりあげて服着せて家の中に閉じ込めてるんだから、そうなるよね。ここからジワジワ始まる羊の復讐…。

そしてそれに負けじと応戦する母性の塊、マリア。ハンパないガッツを見せる。こういう時の女は強い!


f:id:usotomishin:20221023201345j:image

時代設定が分からないが、カーテン開けっぱなしのこの人間たちは携帯電話すら持ってないのだ。ピンチの時や何か心配事が起きた時、必ず連絡を取り合うものだけど、それができないから、観客も一緒になって恐怖や心配な気持ちを味わう。

ここ数年日本の映画はスマホに頼りすぎだと今回思った。内容にもよるけど、とくにホラー映画は携帯、使わない方が面白いかも!

 

R15指定だけあってラストはまぁまぁな惨劇を見せられる。そして広大な牧草地にマリアだけが一人取り残されて、物語は唐突に終わる。

はっきりと結末を描かないことにムズムズする人もいるかもしれないが、神(羊)から子ども(アダ)を奪った罰が下されたのだと悟ったであろう、マリアの呆けたような表情が印象的だった。

面白かった!「圧倒的大自然の中の、風変わりなホラーおとぎ話」といった物語と、こういうダークで美しい映像は大好き。


f:id:usotomishin:20221023201338j:image

これは、アダをモデルにヒグチユウコさんが書き下ろしたポスター。映画を観た人にとってはアダは気持ちの悪い羊人間などではなく、かわいい人間の子どもに見えてしまっているから不思議だ。

 

耳をすませば

 

f:id:usotomishin:20221015123632j:image


平川雄一朗・監督・脚本「耳をすませば」を観てきました。

1989年「りぼん」で連載された柊あおいの漫画が原作で、そのあとジブリによってアニメ化された不動の名作。その実写化ということで、原作ファンには批判されて当たり前みたいな空気の中、製作陣にはプレッシャーがあっただろうと思います。

でも私には終わったあと幸福感に包まれて、「俗世間に戻りたくないな。このまま良い夢を見ながら寝てしまいたい。」という気持ちになりました。

f:id:usotomishin:20221022115407j:image

聖司と雫、ふたりの子供時代のパートもちゃんと丁寧に描かれていて良かったな。雫が出入りしていたアンティークショップ「地球屋」の様子とか、着ている洋服や甘酸っぱいセリフのやりとりとか、まんま80〜90年代の少女漫画の世界で。

 

今回はふたりの恋物語のその後を描いていたのがこの映画の肝で、イタリアでチェロ奏者として生きる25歳の聖司をサラッと嫌味なくどこか王子然としているのにリアルさも感じさせていた桃李くんはさすがでした。

血みどろの刑事とかアイドルおたくとか、病んでたりエキセントリックだったりする役が多かったので、こんなにも普通で、怪我もせず、声を荒げることもなく、ましてや「ただただ、素敵」な彼を堪能させてくれてありがとう。

f:id:usotomishin:20221022120801j:image

ファンにとっても、恋愛映画として楽しみたい人にも(↓注 ネタバレ含む)

◎イタリアのレストランで向かい合ってのディナー

◎赤ワインを飲む大人になった二人

◎白いタートルネックでチェロを弾く彼に合わせて「翼をください」を歌う雫

◎迎えにきてくれた聖司が長い足で漕ぐ自転車、その後ろに乗る雫

◎朝焼けの町 幼い頃と同じ高台でのプロポーズ

などなど胸キュンシーンがいっぱいだと思いますよ!


f:id:usotomishin:20221015123629j:image

あれ?ロマンティックなイタリアの景色の後に、舞台は日本に移り、音尾琢磨の登場です。しかもヘビースモーカーの鬼編集長役。「孤狼の血」つながりでこのキャラなのかな?と思わせる遊び心があって個人的には音尾さんのムカつく演技に笑わせてもらいました。


f:id:usotomishin:20221015123617j:image

原作が大好きな人にはいろいろ思うところはあるのかもしれませんが、それはそれで。平和な邦画の世界を何も考えずのんびり楽しむのも良いのでは?
f:id:usotomishin:20221015123623j:image

この胸キュンポスター欲しいな。

f:id:usotomishin:20221022121834j:image

恋愛モノといえば、最近Amazonプライムで松井大悟監督・脚本「ちょっと思い出しただけ」という映画を観ました。

お別れしたふたりが過ごした6年間を1年ずつ同じ日をさかのぼるようにして映し出したラブロマンスで、池松壮亮伊藤沙莉が2人を演じていました。

池松壮亮って声がいいよね〜」と言われていて今までピンとこなかったけど、いや〜いいわ、声。恋人同士のふたりの距離感で聞く池松壮亮の声、すごく良かったです。

音楽を担当したクリープハイプの楽曲と歌詞が映画にそっと寄り添って、切なさ度増し増し!

「花束みたいな恋をした」もそうだったけど、映画と音楽が絶妙にマッチした恋愛映画は、何年経っても忘れることがないものです。

 

voice of wear

f:id:usotomishin:20221018231342j:image

東京・神戸・福岡・青森を巡回した展覧会「ミナペルホネン /皆川明 つづく」。

展示の最後に「土」という部屋がありました。

そこは他の部屋に比べて照明も少し暗く、静かで。

長く愛用されてきたことがわかる、少しくたびれつつも強い光を放つミナの洋服たちが、透明のパネルに挟まれ飾られていました。

それぞれの洋服には、持ち主の人生とともに歩んできたことが伝わる短い文章が添えられていました。

とても感動的な展示でした。

f:id:usotomishin:20221018231454j:image


「voice of wear」と名付けられたこの本には、その展示のために寄せられた応募作品の中から、210名分の洋服の写真とエピソードが掲載されています。

 

ページをめくっていくと悲しいお話も嬉しいお話もあります。小さなお子さんとの微笑ましいエピソードも、この方ユーモアがあって友だちになれそうだなぁって思うかわいいお話も。

 

f:id:usotomishin:20221018231544j:image


見知らぬ人の秘密の日記を覗いているようでもあり、本の中に深く潜っていけて、心がぽっと温かくなる一冊なんです。

たくさんの美しい洋服が載っているので、カタログのようにも楽しめます。

 

ざらっとした手触りも、聖書のような持ちやすいサイズ感も、洋服の背景がシルバーがかっているところも。

この本の作りの全てが好きです。

 

f:id:usotomishin:20221018231629j:image


私も、20年以上着用している大切なワンピースの写真を撮影し、とっておきのエピソードを綴って張り切って応募しました。

本に載せていただいています。

チラ見せできない性分なので、私のページをガバッとお見せします。

 

ミナペルホネン のオンラインストアで購入できます。ぜひお手に取ってみてくださいね。

 

「voice of wear」

装幀・本文デザイン サイトヲヒデユキ

印刷・製本 ライブアートブックス

編集・出版 ミナ ペルホネン

2022年10月10日発行 ¥2,200

 

オンラインストアhttps://www.mina-perhonen.jp/online_store/BK0085