風に乗って空を泳ごう

世界にひとつの布小物を制作する嘘とミシン。日々感じたことや体験したことを気ままに綴ります。

孤狼の血 LEVEL2


f:id:usotomishin:20210729112840j:image

この夏いちばん熱い映画になるであろう、白石和彌監督作品「孤狼の血LEVEL2」は

ヤクザvs.警察の抗争を描いたバイオレンスムービー。

役所広司松坂桃李主演で人気を博した前作から3年経っての、待望の新作だ。

 

先日、舞台挨拶つき完成披露映画祭、題して《コロフェス》が

全国の映画館でリモートで開催されたので、参加してきた。

登壇したのは主演の松坂桃李鈴木亮平の2人に

斎藤工中村獅童村上虹郎西野七瀬滝藤賢一吉田剛太郎と豪華なメンツで、

この映画にかける熱い思いが伝わってきた。



 

f:id:usotomishin:20210731014725j:image

 

舞台は架空の都市、広島、呉原市。

3年前に暴力組織の抗争に巻き込まれて殺害された、伝説のマル暴刑事・大上(役所広司)の跡を継ぎ、広島の裏社会を治める刑事・日岡松坂桃李)。

 

ヘタレな新米刑事だった日岡が大上亡き後に成長した姿を見るのが楽しみだったのだけど、

外見も中身もこれほどまでにタフになっているとは!日岡、カッコよすぎ!

 

f:id:usotomishin:20210729113111p:image

権力を用い、裏の社会を取り仕切る日岡に立ちはだかったのは、上林組組長・上林成浩(鈴木亮平)だった。

悪魔のような上林によって、呉原の危うい秩序が崩れていく…

 

まぁこの上林ってのが、規格外の極悪人なのだ。ここまで鬼畜で残忍な奴、今まで見てきたヤクザ映画の中にもなかなかいない。

映画冒頭。ムショから出てきたと思ったらその足で復讐のために何のためらいもなく女性を殺しにいく。ここの描写でもうダメって人は映画館から出て行ってしまうだろうな。

それくらい酷いシーンだ。

現在、鈴木亮平はテレビドラマ「東京MER」にて正義感と愛に溢れる医師を演じているが、本当に同じ人?と思うくらい、上林を演じる鈴木亮平の役作りが凄まじい。

とにかく上林は最初から最後までずっと怖い。

どうしてここまで無慈悲に暴力的なのか、それは彼が大きな悲しみを背負ってきているからなのだけど、それが分かってからはなぜか哀れに感じて「だれかこの人を愛してあげて!」って思ってしまった。

 

f:id:usotomishin:20210729113142j:image

 

3年前はヒヨッ子だった日岡刑事も、無精髭にくわえタバコで、ヤクザの口の中にピストルを突っ込んで黙らせるほどに成長していて、その変貌ぶりと流暢な広島弁に痺れた。

もし私が逮捕される時が来るとしたら、日岡にされたい。


f:id:usotomishin:20210729113137j:image

で、このおじさんよぉ…(ため息)

ほぼイケメン&強面メンバーが揃っているこの映画の中で、中村梅雀おじさんが出てくる必要性は何なのか、その意味がわかったときには日岡刑事に心底同情した。

 

今作では日岡刑事の一匹狼ならではの辛さや葛藤も描かれている。

そしてラストの激しいカーチェイスのシーンも見事だ。日岡と上林の互いの命をかけた“一騎打ち”から目が離せない。

他にも、極妻ファンへの大サービス、かたせ梨乃姐さんの粋なお姿が拝めたり。

 

f:id:usotomishin:20210730234716j:image

北海道が誇る音尾琢真演じる、パール吉田。

前作では里佳子ママ(真木よう子)の色じかけに騙され、ホテルに張り込んでいた大上刑事(役所広司)に股間に埋めたパールをえぐり取られるという、痛すぎるし笑えるし!という場面があった。

そんな、パール吉田も再登板。

 

f:id:usotomishin:20210730232852j:image

最初から最後までバイオレンス三昧&流れる血の量はハンパなく、「道徳的にどうなのか?」と少しは思うけど、いやいや何でもありなのが映画だ。

この鬱々とした世の中に活を入れてくれるような、そんなめっちゃくちゃぶっ飛んだ《孤狼の血LEVEL 2》は8/20から公開。

 

大ヒットしますように。

竜とそばかすの姫

 

f:id:usotomishin:20210726125139j:image

細田守監督の新作映画『竜とそばかすの姫』を

ムビ友(息子)と一緒にレイトショーで観てきた。

ひとりで夜に映画を観に行くのは別に怖くはないけど、

息子がいれば屈強なボディーガードを連れている気分だ。

この映画、映画館で予告編を見た時から好きな予感はしていたけれど、すごく良かった!

f:id:usotomishin:20210726141233j:image

 

アカウント登録者50億人というインターネット上の仮想空間『U』の中で

その美しい歌声で人々を夢中にさせる、歌姫ベル。

CGでつくりこまれた宇宙のような未来のような『U』の世界が映画冒頭からいきなり広がって、そのスケールの大きさと迫力に一気に引き込まれた。

f:id:usotomishin:20210727152351j:image

Uの世界で、大きな鯨の鼻先に立って花びらを撒き散らしながら歌うベルのビジュアルがとびきり魅力的だ。

ディズニーの「ラプンツェル」や「アナ雪」のキャラクターデザインをしたJin Kimが担当したという。

納得のかわいさだ。

f:id:usotomishin:20210727152423j:image

ベル役の声優を兼ねている中村佳穂というボーカリストの圧倒的な歌唱力と楽曲(millennium parade )の素晴らしさ、これがこの映画最大の魅力だと思う。

まるで自分も『U』の空間にいて、ふわふわ浮きながらベルの歌声を聴いているかのような気分…

この浮遊感はそうだ、例えるならドームツアーのPerfumeのライブに似ている。

 

f:id:usotomishin:20210727153403j:image

 

で、ストーリーはというと、ラストに少しご都合主義的な展開もあるので100%満足とは言い難い。それに肝心の「竜とそばかすの姫」の接点について話せばネタバレにもなるから、詳しくも書けずむず痒い。

ただ、現実世界での「ベル」のオリジン(=現実界での素顔)である女子高生「すず」が、

『U』の世界で出会った「竜」を助けることで心のトラウマから解き放たれ、前を向いて生きていけるようになるところは良かったし、どうしても母親目線で見てしまう私は、泣けた。

 

「おおかみ子どもの雨と雪」や「バケモノの子」の時にも思ったが、細田守さんは人の心の痛みに寄り添う母性のようなものを持つ人なのだと感じる。

この監督の映画には、毎回どうにも細胞レベルでボロ泣きしてしまう場面が出てくるのだ。

 

とにかく、仮想空間『U』の描写やベルの歌唱シーン、ここだけでも体感すべき映画だと思う。

自宅のテレビやDVDで見ていてはダメ。映画館で見なければ損をする。

私はもう一度観に行きたいと思っていて、次は贅沢にIMAXで鑑賞するつもりだ。

海を渡る蝶々

 

f:id:usotomishin:20210714111354j:image

 

ここはときどき作品の写真撮影をするために訪れる

自然あふれる知事公館の森の入り口。

ここに小さな美術館『三岸好太郎美術館』がある。

先日、ここで開催されている企画展『三岸好太郎・節子展』を観に出かけてきた。

 

f:id:usotomishin:20210714111737j:image

 

私が三岸好太郎の絵画と初めて出会ったのは、高校時代。美術の課外授業でここを訪れたのが最初だ。

女子高生だった私は、淡く儚げな色づかいや、特に貝殻や蝶々を多くモチーフとして選んでいるところが気に入ったのだが、それは今でも変わらず。

やっぱり好きだなぁと感じる作品が並んでいた。

 

f:id:usotomishin:20210714112127j:image

 

この絵は、館内で一枚だけ撮影が許されていたもので

『のんびり貝』というタイトルがついている。(タイトルどうなのよ?と思ったけど)

 

当時「のんびり貝」は、有名化粧品会社の社長に高く売れ(資生堂かな?と推測)、その売上金で節子さんとふたりで旅行をしたそうだ。

長く胃潰瘍を患っていた好太郎は、なんとこの「貝殻旅行」のすぐ後に吐血して、31歳という若さで帰らぬ人となった。

そのエピソードを知って、芸術家とは何ともドラマチックな生き方をするものだと感じたし、遺された絵画に宿る寂しさや儚さを、より際立たせるものとなった。

彼がもっと長く生きていたら、どんな絵に変化しただろうか、見てみたかった気もする。

 

が、その後、やってくれたのが妻の節子さんだ。

2階に展示されていた節子さんの作品は、好太郎亡き後に描かれたものが多かったのだが、どの作品もパワフルでモダンで生き生きとしていたのに驚いた。

彼女も画家だったのに、きっと好太郎が生きていた頃は3人の子の面倒と姑との暮らしに忙殺され、また芸術家肌の夫にかなり苦労させられ、よっぽど大変だったのだろう。

好太郎が亡くなって3ヶ月後に完成した東京・中野鷺宮のアトリエや、留学先のフランスで描いた作品は、どれも色鮮やかで、彼女の心の開放を感じさせるものばかりだった。

(情熱的な恋もしたらしい)

キャンバスのほとんどを使って大胆に塗られた海のエメラルドグリーン、それに山吹色やパープルを合わせたりするセンスに、たくましい生命力を感じて、楽しい気分になった。

 

 

f:id:usotomishin:20210716131524j:image

 

でもやっぱり作品は好太郎さんの方が好きだな。

お土産品のコーナーにあったポストカードセット。

私のお気に入りの貝殻シリーズの素描画が入っていたので、額に入れて飾りたいなと思って購入した。

 

f:id:usotomishin:20210716133436j:image

 

ひとつだけ青い蝶々が入ったクッキー。

これは展覧会に合わせて用意されたお菓子なのだが、とってもかわいくて、これも自分用に。

 

海をひらひらと渡る、ピンクやブルーグレーの蝶々たちのポストカードとともに。

フラリーヌといっしょに

 

f:id:usotomishin:20210628232930j:image

「うわ!このかわいい巾着には何が入っているの?」


f:id:usotomishin:20210628232939j:image

 

荷物がたっぷり入ってラフに持てるのになんだかお洒落に見える新作バッグ、《フラリーヌ》が入っているんだよ!」

 

いつも嘘とミシンの商品を、素晴らしいディスプレーで実店舗に飾って下さり、またセンス溢れるコピーつきでオンラインショップでも楽しくご紹介してくれている

『雑貨店fève』さん。

fèveさんは6/11に開店5周年を迎えられました。

その記念としてこのたび5点限定で制作したのが、新作バッグの「フラリーヌ」です。

 

フラリーヌはエコバッグのような形状できれいに畳んで巾着にしまうことができ、重いものを入れても耐えられるように生地を二重にし、縫製も丈夫にしてあります。

貴重な布をふんだんに使用しているけれど、普段に目いっぱい使って欲しいのでそうしました。

そして表も中も素材はすべてコットンですので、お水で洗って干してアイロンをかければ、経年変化の味わいとともに、いつまでも清潔な状態で使えるバッグです。

 

今日はfèveさんのオンラインショップで販売する前に、たくさんの写真とともにご紹介します。


f:id:usotomishin:20210628232924j:image 

①海の仲間たち(Vintage  fabric from Austria)

トップバッターは「海の仲間たち」が優しい色でコミカルに描かれたフラリーヌ。

珍しいオーストリア製のヴィンテージファブリックで仕立てています。

三角の目が怖いサメや、身を寄せ合うピンクと白のタコさんたち、スクラムを組んで魚を護るヒトデさんたち。カメやカニもいます。

f:id:usotomishin:20210629154801j:image

そして魚たちの後ろにはきれいなグリーンの波紋。遠目に見るとそれらがストライプを描いているところがまた素敵なファブリックです。

 

f:id:usotomishin:20210628234402j:image

チラッと見えるピンクのパイピングもロマンティックだし、内側のブルーの水玉生地も爽やかで、夏にピッタリのフラリーヌ「海の仲間たち」です。

 

f:id:usotomishin:20210629000411j:image

②チャイナレッド (Current fabric from China)

お次は「ザ・赤!」なこのきれいな発色に一目惚れして買った中国製の生地で仕立てた

「チャイナレッド」のフラリーヌです。
f:id:usotomishin:20210629000354j:image

大きなピンクの牡丹の花、赤ちゃんねこ、そして黒い金魚が描かれたキュートでおめでたい柄。

内側には赤いストライプを合わせようと決めていたのですが、手描きのようなかすれた味わいで表現されたストライプの生地を見つけたので、迷わずこれを選びました。

パイピングはやっぱりピンクでどこまでも甘く仕上げています。


f:id:usotomishin:20210629000404j:image

コーディネートはもちろん自由に楽しんでいただきたいのですが、この日わたしは真っ赤なスウェードの7センチヒールをはいて

あえて大人っぽいファッションに持ってみました。

f:id:usotomishin:20210629154915j:image

 

一年中使えるバッグだとは思いますが、

夏の浴衣にも合うに決まってますね!

 

f:id:usotomishin:20210629131008j:image

③チャイナピンク (Current fabric from china)

中国から来た布で作ったフラリーヌはもう一点あります。

こちらはトロンとしたピンク色が美しい「チャイナピンク」のフラリーヌ。
f:id:usotomishin:20210629131020j:image

パープルやピンクのお花にイエローグリーンのつがいの鶯。この生地もハッピーオーラ漂う素敵な生地です。

赤に比べるとザ・チャイナといった雰囲気はそれほど感じられず、合わせる服をあまり選ばない気がします。
f:id:usotomishin:20210629131014j:image

内側には黄色いヒヨコたちがプリントされた昭和レトロ感のある生地を持ってきて、ピンク×グリーンでポップな色合わせにしました。

 

f:id:usotomishin:20210629131804j:image

④ロシアねこ (Current fabric from Russia)

さて次は猫好きさん悶絶に違いないフラリーヌ、「ロシアねこ」の登場です。

ザラっとした日本の浴衣生地のような質感のこの生地はロシア生まれ。


f:id:usotomishin:20210629131816j:image

どーんと大きくプリントされたアンニュイな2匹のねこにピンクのバラ。
f:id:usotomishin:20210629131809j:image

不思議な形の窓枠も描かれていて、全体的に退廃的な香りを漂わせるロシアらしい魅力的なファブリックです。

f:id:usotomishin:20210629132237j:image

パイピングはパープル、中の生地は黄色とグレーが交わるチェックを合わせました。
f:id:usotomishin:20210629131758j:image

ちょうどこのバッグを撮影したのは、日が暮れ始めた夕刻でした。光が足りないかなぁと思ったのですが、ロシア映画のように少し暗い空気感が出て、ちょうど良かったかもしれません。

f:id:usotomishin:20210629133043j:image

⑤森のおうち (Vintage fabric from Sweden)

最後はスウェーデンのヴィンテージファブリックを使用した「森のおうち」と名付けたフラリーヌで締めることにしましょう。


f:id:usotomishin:20210629133034j:image

このファブリックは、10年以上前に神戸を旅したときに大好きな生地屋さんで購入しました。あまりのかわいさにハサミを入れることができずにずっと温めていたものをこのたび放出します!

一面に緑の森がまるで地図のように描かれており、隅々まで眺めるうちに楽しい気持ちになってきます。

きのこ、真っ赤なおうち、黄色いお花の合間を流れる小川…

1960年から70年にかけてプリントされたものですが、色褪せもそれほどなく、のびのびと描かれた森の様子は絵本の1ページのようで、自由や平和を感じさせます。


f:id:usotomishin:20210629133102j:image

内側には王道の赤いギンガムチェックを合わせました。

バッグを開くたびに少女の頃を思い出すような…楽しい組み合わせになりました。 


f:id:usotomishin:20210629133050j:image

バッグ全体を見るとグリーンが多めなので、白い洋服はもちろん、デニムなどの紺色に合わせるとまず間違いないですし
f:id:usotomishin:20210629133057j:image

グリーンの補色であるショッキングピンクに合わせたりしても、バッグが映えると私は思います。

 

f:id:usotomishin:20210629151402j:image

フラリーヌ」はエコバッグのように畳んでしまえる巾着つき。

特別なお品なので、今回はヴィンテージの小さなカードもおつけしています!

 

さてさて5点全てをご紹介し終わりましたが、

今回フラリーヌバッグは近々雑貨店fèveさんのオンラインショップ限定で、販売の予定です。

 

fèveさんのInstagramで事前に日時をお知らせしてもらいますので、ゆっくりご検討の上、購入していただけます。

気に入ってくださった方はぜひチェックしてみてくださいね!

 

雑貨店fève インスタグラムアドレスはこちら

https://www.instagram.com/soramame_feve

母とジンジャーエール

 

 

 

 

f:id:usotomishin:20210605093500j:image

 

先日、母の1回目のワクチン接種に付き添った。

集団接種の会場に指定されていた場所は、20年前に私が結婚式を挙げた懐かしい「札幌パークホテル」だった。

ロビーは、早く来過ぎた高齢者たちで溢れかえっていて大賑わい。焦って転倒するおばあちゃんがいたり、ソーシャルディスタンス無視で列を詰めようとして密を作り出すなど、カオスな状態になっていた。やれやれ。

「ここからはひとりで大丈夫だから」という母のことばに私はその列を離れ、ティーサロンで待つことにした。

入り口のショーケースでチョコレートケーキを選んだあと、黒服のボーイさんが中庭が見える窓際の席に案内してくれた。

ホテルでお茶するのは久しぶりだったのでなんだかウキウキした。undercover×GUの新しいレースのスカートでお洒落してきて良かった。

中庭を見やると、美しく整えられた庭の植物たちは夏に向かってぐんぐん生長しているようすで、生命力に溢れキラキラしていた。

持参した本もたいして読まずに、庭を眺めているだけで退屈することがなかった。

コロナがなければ。もうそろそろこのホテルの裏にある中島公園で、恒例の夏祭りが始まる頃だ。

普段は静かな公園にはたくさんのテキ屋が並び、そぞろ歩く人たちによって狭い砂利道に砂煙が立つのだ。

そして露店の向こうにはレトロな見世物小屋やバイクショーのテントがひと夜の夢のように出現していただろうに。

 

だいたい、このパークホテルも2023年には壊され、中島公園周辺の再開発のひとつとしてヒルトンに生まれ変わるというから、なんだか寂しい話だ。

できれば公園の木々に棲むたくさんの小動物たちの暮らしを邪魔しないように進めて欲しいものだわ…

それに最近の大通公園については市長に文句を言いたいわ。勝手にオリンピックのパブリックビューイング会場にしちゃおうとして芝生丸ハゲにしてさ、何だってのよ!

 

そんなことを考えていたら、母が元気に戻ってきてウエイトレスに「ジンジャーエールください」と言った。

炭酸を頼むなんて珍しいと思ったけど、老人だらけの会場の重い空気を一掃したい気分なのだろうと推測した。

一人暮らしの母は、時々大ボケ発言をかましたり、足元の段差に躓きそうになったりするほどには、老化している。

だけど一緒にヨガをしているせいか風邪もひかないし、少食だがなんでも良く食べ、基本的には健康だ。

父の分も長生きして、まだまだ楽しい思いを味わって欲しい。

 

10年後、何してる?

f:id:usotomishin:20210603171806j:image

10年以上前から毎週通っているヨガの教室で

時々レッスン前に「シェアトーク」をすることがある。

「シェアトーク」とは読んで字の如くなのだが、数名でグループを組み、与えられたテーマに沿ってひとりずつが話をし、それを他のメンバーが聞くというものだ。

聞く側は話に突っ込みを入れたりしない、「ただ聞く」というのが約束事。

 

与えられる時間は2分。テーマは直前にいきなり発表されるので、何が来るかとドキドキする。

だらだらと話せば2分という時間はあっという間に過ぎるし、余さず話を端的にをまとめるとなると意外と難しく、頭を使う。

そして、いきなり振られたテーマに応えようとする瞬間に、自分が思いもしなかったこと=本心が口をついて出ることがあるのがシェアトークの面白いところだ。

もちろん、他の人たちの話す内容も毎回興味深い。自分とは違う視点に新しい発見があったり、普段じっくり話すことがなかった人に「ああ、この人好きだなぁ」と感じさせられたり。

人と向き合って話すことが極端に減ったコロナ禍の今、改めて「ことば」で何かを伝え合うことの大切さを感じる時間でもある。

 

先日のテーマは『10年後にどんな自分でいたいか』だった。

4人のグループで2番目に話すことになった私が想像した、10年後の自分の姿はこうだった。

①ハイヒールを履いてもきれいに歩けるよう脚の筋力を鍛え続け、タイトスカートもはけるような体型を維持していること。

②息子も自立している年齢であることから、夫婦2人で過ごす時間を楽しんでいること。

③嘘とミシンの制作活動を続けていて、作る楽しみと技術の幅を広げていること。

 

2分間を使って話した10年後の3つの夢は、なんだかすごくシンプルだった。

どれも叶えられるように、日々の暮らしを豊かにゆっくりと重ねていきたい。

 

f:id:usotomishin:20210605093817j:image

 

10年後じゃなくて、来年ぐらいにはまた行きたい京都。

BRUTUSの京都特集を買った。

食べたいもの、見たい場所、買いたいもの、、付箋を貼って楽しみにしておこう。

 

いのちの停車場

f:id:usotomishin:20210527111316j:image

北海道にまた緊急事態宣言が敷かれてしまった。それにより美術館が閉鎖され残念だが、なぜか映画館はやってくれている。

だいたい、もともと喋らずに済み、北海道はほとんど密にもならずに過ごせる文化施設を閉じるなんて何ということだ!と思う。もちろんそれだけでなくコロナ対策やオリンピック開催問題に対する政府や道のやり方を見ていると、大多数の皆さんと同じで怒りが湧いてくる。

 

それはさておき、桃李くんが出ているというだけで観ておきたいなと思っていた、この渋めな映画『いのちの停車場』。

半額でムビチケを買えたというのもあり、さっそく観てきた。

 

 

f:id:usotomishin:20210527111321j:image

だいたいのストーリーはこうだ。

東京の救命救急センターで働いていた医師・咲和子(吉永小百合)が、ある事件をきっかけに故郷の金沢で仙川先生(西田敏行)が経営する「まほろば診療所」で訪問診療医として再出発をする。

命を送る現場に咲和子は戸惑う事ばかりだが、老老介護四肢麻痺のIT社長、小児癌の少女......様々な涙や喜びを通して在宅医療を学んでいく…。

 

死と向き合い葛藤する患者たちを、小池栄子泉谷しげる柳葉敏郎石田ゆり子南野陽子ら豪華なキャストが演じていて、登場するたびいちいち「おお」と思うのだが、命が消えていく過程の描き方があまり丁寧では無いので、少し残念。詰め込みすぎ感あり。

NHKあたりのテレビドラマで一話ずつ観たい。

 

だが、在宅終末期医療現場の辛いシーンがほとんどの中、まほろば診療所の若い看護師の星野(広瀬すず)と運転手で医大卒の野呂くん(松坂桃李)の存在はフレッシュで、希望の光だった。

 

それにしても西田敏行が車椅子に乗っていると、どうしてもまだ「俺の家の話」のジュジュに見えちゃって、ちょっと笑ってしまう。

 

 

f:id:usotomishin:20210527111328j:image

そして咲和子の父親を演じていたのが田中泯さん。

泯さんといえば、私の大好きな映画「メゾン・ド・ヒミコ」でのゲイの老人役がとても素敵だったのだが、今回改めてやっぱり凄い役者だなと思った。

骨折をきっかけに病に冒され、脳梗塞から発した神経性疼痛で娘の在宅看護を受けるようになったお父さん。

想像を絶する痛みと闘う日々の中、最後は娘に「安楽死」を懇願するのだが、その迫力たるや。完全に小百合を食っていた。

役作りのため75歳で5キロ以上も体重を落としたというその姿と鋭い目には凄みを感じたし、どんなに痩せてもシルエットが凛として整っているのは、やはりダンサーだからなのだなと感じた。

 

しかし映画の全体的な印象としては、華やかなキャストを脇に揃えた「ザ・吉永小百合劇場」という感じ。

吉永小百合の映画をまともに見たことがなかったので、こんな感じなんだ、と新鮮ではあった。

 

金沢の四季折々の景色はとても美しい。

食事のシーンも毎度温かくおいしそうで、久しぶりに治部煮が食べたくなった。